ねるときには入れ歯を入れる?外す?

ご挨拶

こんにちは。泉ヶ丘ニコニコ歯科の東和田です。地域に密着し、泉ヶ丘のお口の健康をサポートしていく歯医者を目指して頑張ります。どうぞよろしくお願いします。泉ヶ丘ニコニコ歯科は土曜、日曜診療18時まで受付しております。お気軽にご連絡ください。

今回は、入れ歯に関してのトピックをお話します。入れ歯はつけて寝たほうが良いのでしょうか?それとも外して寝たほうがよいのでしょうか?正解は外して寝たほうがよいといわれております。その理由を今から説明します。

①あごや歯茎を休ませる

寝ているときに入れ歯を外す方がよい理由はアゴや歯ぐき、また、お口の粘膜の安静のためです。
入れ歯によってお口の唾液の循環が悪くなり、口の中のむし歯菌や歯周病菌が増えてしまいます。ばい菌が増えてしまいますと、肺炎にの悪化につながりますので注意が必要です。また歯ぐきに口内炎ができる場合もあるので口内炎の予防のためにも外すことをおすすめします。

②入れ歯の誤飲を予防する

部分入れ歯で、特に小さい入れ歯は就寝中に飲み込んでしまう危険性があるので、外すとよいでしょう。私も患者さんで入れ歯を飲み込んだ方を診たこともあります。
さらに、高齢者や認知症などの病気で入れ歯がノドにひっかかっても気づきにくい可能性がある場合は外すこと強くおすすめします。

 

入れ歯のまとめ

アゴや歯ぐきなどのトラブルや入れ歯について気になることがあるときには泉ヶ丘ニコニコ歯科で相談してください。スタッフ一同お待ちしております。

カテゴリー:お知らせ ,ブログ  投稿日:2017/01/11

ページトップ