親知らずの抜歯について

ごあいさつ

こんにちは。泉ヶ丘ニコニコ歯科の東和田です。地域に密着し、泉ヶ丘のお口の健康をサポートしていく歯医者を目指して頑張ります。どうぞよろしくお願いします。泉ヶ丘ニコニコ歯科は土曜、日曜診療18時まで受付しております。お気軽にご連絡ください。泉ヶ丘駅りそな銀行の横です。

今回は親知らずの治療について説明します。

①抜歯する(95%)

基本的には抜歯することが多いです。

親知らずが虫歯になり、真横に生えている場合は治療をしても、再発の可能性が高いので抜歯をした方が良いです。隣の歯にまで影響する可能性があり、しっかりと汚れを落とす事が出来ていません。また基本的に親知らずが生えたくらいで抜こうという人がいないので、歯医者にかかった際は、傷んでいる状態のときが多いです。傷むのならば、繰り返したりするので抜いたりすることが多い理由です。

②治療する(5%)

治療するかたもたまーにいらっしゃいます。判断基準としては、他の歯の治療の程度、噛み合わせ、歯の生え方を考えて決めています。抜きましょうと伝えているのに、治療したいとおっしゃってくるのは後のち大変なので、やめといたほうがいいかなと思います。

 

まとめ

親知らずの抜歯はかなり大変です。この前某アイドルが4本親知らず抜歯したみたいですが、僕ならば4本一度に抜くのは否定的です。はっきりいってしんどいです。ものがしばらく食べられません。基本的には抜くことになるとは思いますが、傷む時はまず歯科で相談されるのが一番でしょう。

カテゴリー:お知らせ ,ブログ  投稿日:2017/05/09

ページトップ