マタニティ歯科

マタニティ歯科

マタニティ歯科

妊娠、出産時期のお母さんのお口の中

妊娠、出産時期のお母さんのお口の中

マタニティ歯科とは妊娠中や出産後のお母さんを対象とした歯科のことをいいます。

妊娠中または出産後のお母さんはお子さんに全身のエネルギーを注いでいるため、体の免疫力が落ちてしまっています。そのため、虫歯菌を除去してくれる唾液の量も通常よりも減ってしまい、虫歯がなりやすい状況になっているのです。

赤ちゃんは生まれたとき虫歯菌を一つも持っていません。また、お母さんが虫歯にかかっているからといってお腹の中で赤ちゃんが虫歯に感染するわけでもありません。

しかし何故子供が虫歯になってしまうのかというと、お母さんの口の中にある虫歯菌が子供の口の中に入ってしまうためです。妊娠中また妊娠後のお母さんはどうしても虫歯ができやすい体になっています。

マタニティ歯科ではこのような状況にあるお母さんの口内ケアを行い、虫歯菌を極力減らすのです。赤ちゃんが生まれた後に虫歯が映らないようにするための処置をおこないます。

妊娠中に歯科通院する際の注意点

妊娠中に歯科通院する際の注意点

妊娠中に歯科治療が必要になった場合、いくつか注意が必要です。

虫歯治療自体は妊娠中に行っても問題はありませんが、妊娠初期である妊娠3ヶ月以内は非常に流産しやすい時期です。長時間にわたる緊張は避けなければなりません。そのため、虫歯治療も応急処置での対応になります。妊娠が安定してきた5ヶ月から8ヶ月なら、ほとんどの人が問題なく治療をすることができます。

ページトップ